back to TOP

admin |  RSS
今日は絵本。
とくに絵本集めに夢中になっているわけではありませんが、一応子育ても経験していますので、私ん家の本棚にはそこそこの数の絵本があります。
そんな中には変わりダネの絵本も・・・

まずは、今や世界の村上春樹さん(笑)が手がけた≪羊男のクリスマス≫。
絵本 村上春樹
内容は、ちょっと≪不思議の国のアリス≫に似てるかな?
比較的文字数の多い絵本ですので、子どもへの読み聞かせにはちょっとしんどいですが、物語に登場するキャラクターなど、佐々木マキさんの絵がとても楽しく、大人でも十分に楽しめちゃいます。

お次は、ロックバンド≪トーキング・ヘッズ≫のフロントマン、デヴィッド・バーンが制作した絵本≪Stay Up Late おこしていたい、おそくまで≫です。
≪トーキング・ヘッズ≫は1970年代後半にメジャーデビューしたニューウェーヴバンドで、、1980年に発表した4枚目のアルバム≪リメイン・イン・ライト≫は、ロック・シーンに燦然と輝く名盤として今なお語り継がれています。
デヴィッドバーン
デヴィッド・バーン

この絵本は≪トーキング・ヘッズ≫が1985年に発表した6枚目のアルバム≪ リトル・クリーチャーズ≫収録曲≪Stay Up Late≫の歌詞の世界観を、イラストレーターのマイラ・カルマンが個性的なイラストで表現する構成になっています。
stay up late デヴィッド・バーン
妹が生まれたときのデヴィッド・バーン自身の思い出がもとになった歌詞が可愛らしく、とてもアーティステックな絵本でもあります。

なんと、怪獣王≪ゴジラ≫も絵本になってます。
それも飛び出す絵本・・・今はポップアップって言うんですか?
1954年公開の初代≪ゴジラ≫の物語が全5ページで簡潔に語られています。
ポップアップ絵本 ゴジラ伝説
繰り返される水爆・原爆の実験で誕生した≪ゴジラ≫。
ポップアップ絵本 ゴジラ伝説
大戸島で姿を現す≪ゴジラ≫。
ポップアップ絵本 ゴジラ伝説
人類の高圧線攻撃も、ものともせず・・・
ポップアップ絵本 ゴジラ伝説
実況中継を行うテレビ塔を捻り倒します。
ポップアップ絵本 ゴジラ伝説
大暴れした≪ゴジラ≫は、芹沢博士が発明したオキシジェン・デストロイヤーによって断末魔の叫びをあげ、芹沢博士もまた自らの命を絶ちます・・・
ポップアップ絵本 ゴジラ伝説

最後に私にとって、最も思い入れの深い絵本を。
≪コブタの気持ちもわかってよ≫。
コブタの気持ちもわかってよ
20年程前、私たち夫婦が初めての子育てに奮闘していたときに出会った絵本です。
未熟な親故に、とかく幼かった長男に厳しく接することが多かった私は、この絵本を初めて読んだときに涙が止まらなくなって深く反省。親としてのあり方を再認識しました。
つたない言葉でしか自己表現ができない子どもの心情が、シンプルなイラストとともに切実に語られる“大人(親)のための”絵本です。
≪星の王子さま≫の作者サン=テグジュペリの言葉、“父親が子どもにしてやれる最高の教育は、その子の母親を心の底から愛することだ”に象徴されるように、要は、子どもの母親、そしてその子が“自分は愛されている”という実感を得られているか、が大事なんだと思います。その実感さえ得られていれば、ちょっとくらい厳しく接する場面があっても、家庭内の“空気感”は決して息苦しいものにはなりませんから。

ある意味、私の人生に最も大きな影響を与えた一冊かも知れませんね。

関連記事
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://hrex.blog.fc2.com/tb.php/96-8bf70eba
Template by :FRAZ