back to TOP

admin |  RSS
いよいよ、来る4月11日から、青森県立美術館で≪成田亨展≫が始まります。
青森県立美術館
≪青森県立郷土館≫ 青森市安田近野185 (℡ 017-783-3000)

出品点数700点、史上最大の回顧展とのことで、今から楽しみでたまりません。
怪獣 ムック
成田亨さんが生みだした怪獣が表紙を飾ったMOOKたち。
昭和生まれの私たちは成田亨さんが手がけた怪獣に育てられたといっても過言ではありません(笑)。

現在、前売り券が発売中ですが、今回の回顧展では、前売り券購入者の特典があるとのこと。
現在、配付されている回顧展のフライヤーには、それぞれ成田亨さんの怪獣デザイン画があしらわれており、種類は全部で8種類。
この8種類は、主に青森県内の公共施設やショッピングモールなどで普通に入手できますが、実はシークレットヴァージョンが2種類あるそうなのです。
成田亨展
私はまだ4種類しか入手できていません(泣)。

そう。前売り券購入者の特典とは、このシークレットヴァージョンのいずれかが入場時に進呈されるというもの。
この企画、とても好評なようで、普通に入手できるはずの前述の8種類のフライヤーも今となっては、全種類を集めるのが難しくなっていますから、シークレットの2種を含むコンプリートは意外と難しいかも・・・
ましてやもうひとつの購入者特典のステッカーを含むコンプリートとなると更に難易度は増します。
もし興味のある方はお早めに、ということのようです(笑)。

連日の好天気で、あおもりの桜も4月20日頃には開花のようです。
と、いうことは、全国的に有名な弘前市の桜まつりもゴールデンウィーク前の開会を強いられそうで、少しばかり不安ですが、あおもりの桜まつりにお越しの際は、ぜひ青森市まで足を運んで≪成田亨展≫を楽しんでみては如何でしょうか。
≪成田亨展≫は5月31日まで開催の予定です。
青森県立美術館
怪獣のように巨大な≪青森県立郷土館≫のマスコット、≪あおもり犬≫もお待ちしてる・・・と思います(笑)。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

いま青森県内で、高倉健さんのご逝去をきっかけに再評価されているMOOKがあります。
地元新聞社の東奥日報社が1996年に発刊した≪あおもりシネマパラダイス≫です。
あおもりシネマパラダイス
このMOOK、同社発行の新聞≪東奥日報≫で、1995年に連載された≪あおもりシネマ散歩≫に大幅加筆をしたもので、青森県内でロケされた映画や、県内の映画史などを入念な取材により網羅した決定版と呼べるもの。
数ある青森県ゆかりの映画のなかでも特に県民の思い入れが深い≪八甲田山≫に大きく頁を割き、主演の高倉健さんや北大路欣也さんの寄稿や、本作の脚本を手がけた橋本忍さんへの独占インタビューなど、熱意ある制作姿勢がひしひしと伝わってくる名著です。
あおもりシネマパラダイス
≪八甲田山≫のほかにも、脚本の橋本忍さんのこだわりによって本県外ヶ浜町の竜飛岬でロケが行われた≪砂の器≫や明石家さんまさんと大竹しのぶさんが共演し、青森市内でロケが行われた≪いこかもどろか≫、≪ゴジラVSメカゴジラ≫などが紹介されていて読み応え十分です。
青森県 映画
≪あおもりシネマパラダイス≫と、野村芳太郎監督と橋本忍さんのサイン入り≪砂の器≫のパンフレット

本日は、お勧めのイベントとMOOKの情報でした。


関連記事
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://hrex.blog.fc2.com/tb.php/93-bca27e83
Template by :FRAZ