back to TOP

admin |  RSS
今年の冬はメリハリがあっていいね。
雪降るときは“ドカッ”と降って、3月に入ったら“ピタッ”と降らなくて。
あおもりの街にはもうほとんど雪がありません。
連日、春の陽気。
今年は桜も早そうです。

ようやく、≪ペガサスホビー≫の≪グレイト ホワイト シャーク≫を、≪ジョーズ≫の≪ブルース≫に改造する作業もほぼ終了しました。
ジョーズ ブルース 改造
あまり良い出来とは言えませんが、約ひと月、ダラダラと続けた作業もおしまいです。
作業が遅々として進まなかったのは、いつもの私の悪いクセがアダになったため。
キットを組み立てて、バリ処理、パテ埋め、塗装の下地処理・・・そして今回は塗装まで施したあとに“やっぱ、造形のあちらこちら手直ししなくちゃ・・・”。
ホント悪いクセです。だったら塗装前に手直ししとけって話です。
結局、ビーズで目玉を作成して移植し、目の周辺や背ビレ、尾ビレを整形するなどしちゃったもんだから塗装もやり直し。
目玉を移植したおかげで、イキイキした表情にはなりましたが、ちょっと可愛らしくもなっちゃいました・・・トホホ。
ジョーズ ブルース 改造
残りの作業としては、ベースがちょっと寂しいのでパテで作成した貝なんかを散らばせたらおしまいです。
一応、≪ブルース≫君も悪役ということで、展示ケースの≪ヒール(悪役)コーナー≫に飾らせていただきます。
ガレージキット
まあ、なんだかんだ言っても、やっぱりモノ作りは楽しいです。
クオリティの高い完成品も好きですが、やっぱり自分で組み立てて塗装したものは、たとえヘタくそな作品であっても愛おしさがあります。
私はプラモデルよりもガレージキットの制作の方が楽しいですね。
プラモデルは細かいパーツを緻密に組み立てて、完成度を高めていく楽しさがありますが、ガレージキットはパーツ数が少ないことからも組立作業よりも塗装作業を楽しむもの、という感じがあります。
プロの方々が制作したガレージキットを眺めているだけでも楽しいし、参考になります。
ガレージキット ムック
≪REVENGE OF THE GARAGEKIT THAT ATE MY WALLET≫と≪AMERICAN GK FILE≫にはガレージキットの作成例がたくさん掲載されています。
ガレージキット ムック
ガレージキット ムック
ホント、たくさんの映画・アニメなんかのキャラクターがガレージキットになっているんですね。
でも哀しいかな。そのほとんどが入手困難なものばかり。
もともとガレージキットは生産数が少ないので、たまにネット・オークションなんかで“お!キタ~ッ”ってな商品を見かけても、瞬く間に価格が高騰、所詮高嶺の花です。
それでも必死になって最近手に入れたのがこれ。
バーバレラ
ジェーン・フォンダ主演のSF映画≪バーバレラ≫の裸体バージョンです。
≪バーバレラ≫のガレージキットは、国内外のメーカーからいくつか販売されましたが、いずれもいまでは入手困難。
ようやくこれで3つの≪バーバレラ≫を揃えることができました。(喜)
バーバレラ
バーバレラ ガレージキット
残りの≪バーバレラ≫ガレージキット、コンプリートなるか・・・な?













関連記事
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://hrex.blog.fc2.com/tb.php/90-738e1835
Template by :FRAZ