back to TOP

admin |  RSS
 私にとっての1990年代のサブカル事情といえば、テレビゲーム、≪SPAWN≫に代表されるフィギュアブーム、そして≪ニルヴァーナ≫です。
 テレビゲームについては前回書きましたので、今回は≪ニルヴァーナ≫について書きたいと思います。

 ≪ニルヴァーナ≫は1987年に結成された、ヴォーカル、ギターのカート・コバーン、ベースのクリス・ノヴォセリック、数度のメンバーチェンジの末に正式メンバーとなったドラムのディヴ・グロールによるスリーピースロックバンドです。
 彼らのロックサウンドはグランジロックと言われ、1991年に発表した2ndアルバム『 NEVERMIND』はビルボード200で1位を記録、それまでヒットチャートの主流だったへヴィ・メタルやマイケル・ジャクソンを引きずり降ろしたばかりか、音楽史を塗り替えたとまで言われています。
 グランジロックは、イギーポップがフロントマンを務めたザ・ストゥージズやセックス・ピストルズなどの1970年代パンクロックを源流としますが、≪ニルヴァーナ≫のフロントマン、カートコバーンはビートルズやデヴィッド・ボウイなど、幅広いロックミュージックの影響も公言しており、日本のロックバンドでは≪少年ナイフ≫や≪ボアダムス≫を評価し、交流もあったようです。
 ≪ニルヴァーナ≫の功績は音楽シーンだけに留まりません。
 主に彼らによって世界に浸透したグランジという音楽ジャンルはその枠組みを超え、若者のファッションにまで大きな影響をもたらしました。
 以前、本ブログで私のカート・コバーン関連のコレクションを紹介しましたが、実は私、カート・コバーンにハマったのは、
1990年代の後半でして、紹介したコレクションのほとんどがその頃に収集したもの。
 ですから1994年の彼の死はリアルタイムでは記憶にありません。
 と、いうわけで今回は私のカート・コバーンコレクションの第2弾です。

 まずはMOOKです。
ニルヴァーナ
 特に貴重なのは、彼が死去した西暦に因んで1994部限定販売された≪カート・コバーン ニルヴァーナ・デイズ完全クロニクル≫でしょうか。2007年に販売されました。

 ≪ニルヴァーナ≫のCDはファンなら持ってて当たり前ですね。
ニルヴァーナ
ニルヴァーナ
 アナログ盤は限定販売されたもの。
 DVDは海賊版も含めて数枚ありますが、特にお気に入りは≪UNPLUGGED IN NEW YORK≫。
 デヴィッド・ボウイの≪The Man Who Sold The World≫のカバーも素晴らしいのですが、何と言ってもラストの≪Where Did You Sleep Last Night?≫のパフォーマンスですね。
 特に曲の終盤、一瞬の“溜め”の後、目をカッと見開き歌いきる姿は、このライヴの翌年に壮絶な自殺を図る自分自身の悲劇的な未来を凝視しているようにも見えて全身鳥肌モノです。

 ここからは前回のコレクション同様に、カート・コバーンが愛したグランジファッションを。

 カート・コバーンといえば、カーディガンです。
 この写真のカーディガンは彼が愛用したものの中でも、同じものはもちろん、似ているものを探すのも大変でした。
カートコバーン
 でも嬉しいことに10年ほど前に復刻版が販売されました。
カートコバーン
 細部が少しオリジナルとは異なりますけど、ファンとしては嬉しい限りです。

 カート・コバーンが愛したモヘア・カーディガンは数着似たものを持っていますが、特にお気に入りなのはこいつ。
カートコバーン
 毛並みもフサフサのビンテージもので、いまでもたまに着用してます。

 カート・コバーンといえば、画像右のコーデュロイのジャケットも有名ですね。
カートコバーン
 このジャケットの復刻版は≪pledge≫が販売しました。
カートコバーン

 また、カート・コバーンと言えば、パジャマシャツですね。
  カートコバーン
 彼は、青の縦縞のパジャマシャツを愛用していました。
カートコバーン
 手前のパジャマシャツは以前にも紹介した(恐らくは)≪ overdose≫のハンドメイドで、奥のものは≪NUMBER (N)INE≫のもの。
 カート・コバーンを愛し、関連商品を少数生産する≪overdose≫は、こんなオリジナルTシャツも販売しました。
カートコバーン
 他の商品とは一線を画する素敵なTシャツですね。

 では最後はまとめとして、これらカート・コバーンファッションのコーディネートを。

 こんな風や・・・
カートコバーン
こんなのや・・・
 カートコバーン
 こんなんでどうでしょうか?
カートコバーン
 カート・コバーンのグランジファッションのコーディネートは「こうでねえと」・・・親父ギャグにて今回は失礼!!








 
 
 







関連記事
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://hrex.blog.fc2.com/tb.php/89-884a3702
Template by :FRAZ