back to TOP

admin |  RSS
早いもので1月も残すところあと1日。
ついこの間、正月を迎えたと思ってたんですが。
・・・ってことは、CS≪ヒストリー・チャンネル≫の1カ月無料視聴サービスも明日まで。
録りだめして、毎日楽しんでいた≪アメリカン・ピッカーズ≫ももう観れなくなっちゃいます(泣)。
「・・・なら、いっそ契約しちゃえば・・・?」
こころのなかの悪魔がささやきます。

≪アメリカン・ピッカーズ≫を観てて驚くのは、アメリカ人のモノ持ちの良さ。
目を見張るほどに広大な土地に、コレクションを保管するいくつもの納屋を所有しているお家があちらこちらに。
日本こそヤオヨロズ、すべてのモノに神様が宿っている国故、モノへの固執が強いと思ってたんですが、何の何の・・・
納屋の中に100年以上前のモノが無造作に放り出してあったりするアメリカの底力には感服です。
恐らくは建国に至る先人の苦労を尊重するが故、自国の歴史を重んじる国だろうし、国土が広大で近くのお店まで数百キロなんて地域も珍しくないだろうから、モノを大事にする習慣が根付いているんではないでしょうか?

この番組を観ていると、どんなガラクタにでも値段がある、ということにも驚かされます。
「え?こんなオートバイの錆びついた部品が100ドルもするの?」なんてことはしょっちゅうで、登場するピッカーズは、ホントなんでも買い取ります。

んなわけで、今日は、わたしの≪ヒストリー・チャンネル≫1カ月無料視聴サービス終了記念(なんちゅう記念・・・)として、私が所有している、≪お宝か?ガラクタか?とても微妙な珍品コレクション≫を紹介しましょう。
果たして≪アメリカン・ピッカーズ≫のお二人はこんなものでも高値で買い取ってくれるのか、いざ勝負です(笑)。

まずは≪ウルパチスロット≫というオモチャです。
ウルトラマン パチスロ
そんな古いモノではないと思いますし、アンティーク・ショップで購入した時点で壊れてて動きません。
でもウルトラマンやバルタン星人なんかをあしらったデザインが妙に可愛らしくて、部屋に置いとくだけでもいいな、と思わず買っちゃいました。
購入価格は500円。いずれは可動するように修理したいと思っています。

お次は、同じくウルトラマンのフィギュアなんですが、これがまた珍品。
ウルトラマン 珍品
なんとこのウルトラマン、胸のカラータイマーを押すと、腕ならぬ頭が“ピカッ!”とストロボ発光します。
購入したのは30年程前ですが、初めて手にしたとき、「スペシュウム光線なら光るのは頭じゃなくて、腕だろ・・・」と一人でツッコンだ記憶があります(笑)。

これはテレビドラマ≪探偵物語≫関連のものです。
探偵物語
恐らくはパチスロ機のデコレーション用のものだと思いますが、付属している松田優作さんのフィギュアの出来がとても良く、白いスーツは布製。パチスロ機本体と接続するコネクターのようなものと小型モーターが背面にあり、恐らくは電飾とフィギュア可動用のものだと思います。
まあ、私は壁掛け用の飾りとして使用してます。

お次は≪スパイダーマン≫の電話と、スピルバーグ監督作≪E・T≫の3Dヴュー。
スパイダーマン 電話
ET 3Dビュー
電話は以前、実際に使ってました。3Dヴューは付属の3枚のスライドをセットすると、映画の名場面が立体的に観える、という商品です。

これもまた珍品といえば珍品。
オートバイ ライター
オートバイのライターです。煙草のノベルティグッズですが、スタンド部分を捻ると着火するというもの。シルバーのボディは細部まで創り込まれた金属製で、なんとも魅力的です。

ちょっと引いちゃうモノもご紹介。
お菓子
なんと食べずに保管してあった≪チョコエッグ≫や映画≪MIB(メン・イン・ブラック≫仕様のカップ麺、旧ハリウッド版≪ゴジラ≫のスナック菓子等々・・・・自分でも納戸でこれを発見したときは、“こんなものまで・・・オレって大丈夫か・・・・?”と引いちゃいましたけど・・・。

お次は歴史を感ずる遺物など。
遺物
石器はわたしが小学生のころに地元のお山で拾ったもので、文化財保護法に抵触はしていません・・・・っていうか時効です(笑)。
手前は古代鮫と恐竜(スピノサウルスだったと思うけど・・・)の歯。いずれもイベントなどで購入したものです。

最後はちょっと大人なアイテムを。
エッチ玩具
手前はギミック付貯金箱。きっといまでも販売しているものだと思います。
コインを置くと、入浴中の美女がスラリと美脚を伸ばして、コインを収納するゼンマイ式のもの。
もうひとつはライター式のビックリ箱。
着火しようとすると、ビョ~ンとチ○ポが飛び出すというまさに“チン”品。
モザイクが必要なこの商品は、以前、お仕事でオランダはアムステルダムに行ったときに雑貨屋さんでみつけて買っちゃいました。

でもこれって、もし女のひとがこのブログをみてたら明らかにセクハラか・・・
猛省!!














関連記事
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://hrex.blog.fc2.com/tb.php/85-007c9b12
Template by :FRAZ