back to TOP

admin |  RSS
1978年7月1日。
日本の映画ファンが待ちわびた日。
マスメディアが煽りに煽ったSF超大作≪スターウォーズ≫の日本公開日です。

あおもりに関して言えば、前年の1977年6月に公開された≪八甲田山≫の“映画の枠組みを超えたお祭り騒ぎ”で映画の魅力を再認識し、「今度はハリウッドからもの凄い映画がやってきた!」って感じだったんじゃないでしょうか。

≪スターウォーズ≫はアメリカで1977年に公開されるや否や、雑誌なんかで“スターウォーズという映画がアメリカで大ヒットしているらしい”とか“映画の革命といえるほど凄いらしい”とか、さまざまなウワサが飛び交い、挙げ句の果てには“日本公開が待ちきれなくてアメリカで観てきたけど、こんな映画観たことない!”なんて文化人まで現れて、ホント“ここまでハードル上げて大丈夫か?”って心配になっちゃうくらいの盛り上がりのなかでの公開でしたね。

でもいざ公開されると、その高いハードルは難なくクリアー。
映画評論家も概ね高評価で映画は大ヒット。
世にSF映画ブームが吹き荒れます。
私も公開とともに劇場に駆けつけましたが、あまりの面白さに度肝を抜かれましたね。
なんといっても特殊撮影の凄さ・・・特にクライマックスのめまぐるしいデス・スターでの攻防戦や、ミレニアムファルコンの回転式銃座を巧みに操って帝国軍のタイファイターを次々と撃ち落としていくゲーム感覚的な面白さに興奮したのを憶えています。

そんな≪スターウォーズ(エピソードⅣ)≫公開にかかる“お祭り騒ぎ”がうかがい知れるアイテム等をご紹介しましょう。

まずは、公開当時の新聞広告です。
スターウォーズ
とても大きな新聞広告です。私は広告に掲載されている≪弘前東宝≫で観賞しました。

デパートの催事場ではこんな催しものまで開催。
スターウォーズ
今は無き、青森市の≪松木屋≫デパートで開催されました。

お次は映画宣材など。
まずは定番の映画ポスター。エピソードⅣ公開2年後の≪帝国の逆襲≫とあわせて。
スターウォーズ
≪スターウォーズ≫のポスター図柄はいろいろあったようですが、このポスターが最も知られたものかな。

チラシは、ポスターと似たデザインですが、微妙にマンガチック。
スターウォーズ

≪弘前東宝≫の情報紙。
スターウォーズ

前売り券の半券。
スターウォーズ

次は≪スターウォーズ≫関連商品。
まずはプラモデル。アメリカの玩具メーカー≪mpc≫の商品ですが、日本では≪TAKARA≫から販売されました。(≪amt≫の≪rancor≫は、もちろんエピソードⅣ公開当時のものではありません。)
スターウォーズ
スターウォーズ
特に≪R2D2≫のプラモは映画さながらに走行する優れものでした。

以前にも紹介したマンガ本。
スターウォーズ

これも以前紹介したフィギュアと食玩。
スターウォーズ
私はフィギュアよりもプラモデルの方に食いつきました(笑)。あ、一体≪帝国の逆襲≫のルークが混じってますね。
食玩はキャラメルのおまけ。バッジ、ミニフィギュアなど。
因みに丸いバッジは、6個(?)くらいのバッジと飾るための紙製のパネルがセットになったものでしたが、パネルと他のバッジは紛失してしまいました。
ハンソロとチューバッカの箱はジグソーパズル。

≪スターウォーズ≫文具シリーズです。
まずはアルバムとシール。
スターウォーズ

ノートや手帳など。
スターウォーズ
スターウォーズ

下敷き。
スターウォーズ
経年劣化で触れるとボロボロと崩れます!(笑)なんせ36年前のものですから。

イラストポスター。
スターウォーズ
このポスターは、≪スターウォーズ≫のサウンドトラック盤の付録でした。

コカコーラの王冠とバッジ
スターウォーズ
当時はコカコーラの王冠の裏に≪スターウォーズ≫の名シーンが印刷されてました(笑)。
コカコーラを飲むとき、出来るだけ王冠を曲げないようにするのが大変でした。
なんかとても強引なタイアップの手法ですが、これが後のペプシコーラのボトルキャップキャンペーンのヒントになったとしたら貴重かな。
バッジは食玩です。

1978年のエピソードⅣの公開で熱狂的に支持された≪スターウォーズ≫は、1980年に≪帝国の逆襲≫、1983年に≪ジェダイの復讐≫とシリーズ化され、ややインターバルを設けて、1999年のエピソードⅠにあたる≪ファントムメナス≫を皮切りに2005年の≪シスの復讐≫まで3作品を公開。
そして2015年には新作が公開の予定です。
上映されるたびに映画の公開という枠を超えて“お祭り騒ぎ”になっちゃう映画なんてそうそうありませんし、そういう意味でも≪スターウォーズ≫という作品は革新的なのかも知れませんね。









関連記事
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

人生の価値観が変わった映画です

中学1年生の夏休み、明確に自分はSF映画好きなんだと悟った映画でした。少ないお小遣いでグッヅを買える範囲で買い捲り、特にキャラメル。Xウィングファイターが出るまで買い続けました。とうに失くしてしまいましたが、R2D2の鉛筆削りがお気に入りでした。

2014/10/12(Sun) |URL|友蔵(デルス改め) [edit]
Trackback
トラックバックURL: http://hrex.blog.fc2.com/tb.php/72-20fb8811
Template by :FRAZ