FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS
≪GODZILLA/ゴジラ≫観ました!
ゴジラ

試写会会場は満席。急きょ補助席まで設けるほど。
みんなこの日を待っていたんだね~。

んで、肝心の感想は・・・?
実はちょっと複雑なんですよ・・・これが。

いえいえ、怪獣映画としては本当に良く出来ています。
よくぞ、ここまで正当に評価できる怪獣映画を作ってくれたもんだと、心底感心するくらいに。
監督のギャレス・エドワーズは日本の怪獣映画をかなり研究したんじゃないでしょうか。
怪獣の存在をほのめかす映画導入部の不穏な空気感といい、いざ怪獣が現れたときのカタルシスといい、これぞ怪獣映画という魅力を存分に味わえる作品と言えます。

それなのになぜ私は複雑な感情を抱いているのでしょうか・・・
その原因と思えることを思いつくままに。
まず、私は≪GODZILLA/ゴジラ≫を“人類対未知の生物”、すなわち1954年版≪ゴジラ≫のリメイクのようにとらえていたんですね。
予告編なんかでも、“ゴジラに立ち向かう非力な人間”って構図がアピールされてましたし。
観たかったのは“ゴジラ対人類の英知”だったんです。
でも違ってました。
あまりネタばらしはできないので、詳しくは明かせませんが、ゴジラは人類の敵ではありません。
人類の敵は他にいたのです・・・!
その敵の存在感はゴジラ以上!
もはや映画の主演すらゴジラではないのでは(笑)、と思えるほどです。
ゴジラ

加えて、ストーリー展開も平成に復活、シリーズ化したあの怪獣映画に似ているような・・・

もはや書けません。
ネタばらしになっちゃいますから。
でも本文冒頭にも書いたとおり、怪獣映画の傑作であることには違いありません。
あまりにデカすぎるゴジラの圧倒的な迫力、咆哮する様や熱線放射する様のカッコ良さはトリ肌ものです。

ご覧になる方は、未知なるものに立ち向かう人間ドラマとしての期待はほどほどに。
これを期待し過ぎると私の様に複雑な気持ちになっちゃいますから(笑)。
かつて日本が製作し続けた怪獣バトル映画としてのゴジラシリーズを、ハリウッドが潤沢な製作費をかけて正統に継承、製作したエンタメ映画として楽しむのが正解かと思いますよ。
よ~し。私も7月25日、もう一回観に行ってこよ~っと。
ゴジラ
新聞の社会面にも載っちゃうくらいに話題の≪GODZILLA/ゴジラ≫







関連記事
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

予想を裏切る展開が、嬉しい裏切りか否か・・・やっぱりご自分の目で観て感じるのが一番です。間違いなく劇場で観る価値のある映画だと思いますから。

2014/07/24(Thu) |URL|ヒィラノサウルス [edit]

前売り入手してスタンバイ済み

コチラの予想を覆すストーリーなんですね。
アチラ(タートル)のストーリー似なんですか?
物凄く楽しみにしています。

2014/07/23(Wed) |URL|友蔵(デルス改め) [edit]
Trackback
トラックバックURL: http://hrex.blog.fc2.com/tb.php/57-035f571c
Template by :FRAZ