back to TOP

admin |  RSS
昨日は、≪封印作品≫について書きましたが、今日は、とても衝撃的な映画を観てきたので、それについて。

くだんの映画の上映まで時間があったので、少し早い昼食としましたが、私はまたまたつけ麺です。
今日は、青森駅に比較的近い古川にある≪とうぎょう≫です。
2階建てビルの1階で、2階は≪機動戦士ガンダム≫BARの≪ZEON≫です(笑)。
青森市 とうぎょう
≪濃厚つけそば≫をいただきました。
青森市 とうぎょう つけそば
モチモチした中太麺は食べごたえがあります。
つけ麺のつけ汁は濃いめの味付けが多いのですが、ここは魚介系の比較的薄味。
でもうまみ凝縮で、つけ麺を食したときの食後のお楽しみ、スープ割りも進みます。
あおもりは、ラーメンをメインにしてるお店が多く、つけ麺推しのお店って意外と少ないのですが、このお店はつけ麺推し。その潔さも好きです。

満腹になった私は、≪とうぎょう≫から徒歩2分、以前も紹介した映画館≪シネマディクト≫へ。
シネマディクト

本日、観る作品はこの映画です。
ドキュメント 八甲田山
ドキュメント≪八甲田山≫です。
この映画、日本とイタリアの共同製作で、世界に先駆けてあおもりで公開されました。
内容は、世界的に有名な≪八甲田山遭難事故≫を描いたものです。
明治35年、青森歩兵第5連隊の210名が、迫りくる日露戦争の訓練として冬の八甲田山の雪中行軍を決行。
厳しい冬山で彷徨した連隊は結果的に199名が死亡、世界の登山史上最悪の事故となったというものです


この史実を描いた映画といえば、橋本忍製作・脚本、森谷司郎監督、高倉健、北大路欣也等オールスターキャストで製作、昭和52年に公開された≪八甲田山≫が有名です。
八甲田山
【昭和52年公開、≪八甲田山≫のポスター、パンフレット、ビデオソフト】

日本映画としては、破格の製作費の7億円を投じた本作は、圧倒的なスケールと現地ロケによる臨場感、森谷監督のエモーショナルで緻密な群像劇としての手堅い演出、名優たちの心揺さぶる演技が功を奏して、大ヒットした名作です。

その昭和52年公開の≪八甲田山≫が映画製作の常として、史実に脚色を加えて製作されたのに対して、今日観賞したドキュメント≪八甲田山≫は、生存者の証言テープや専門家へのインタビューを交え、史実に忠実にドラマ化したもの。

衝撃的でした。

青森市に住む私たちは、当たり前のように、標高1400メートルから1500メートル級のなだらかで穏やかささえたたえて鎮座する八甲田連峰の山々を眺めて日々過ごしています。
そんな山が一たび顔色を変えると、約200名の人間の命など、いとも容易く奪い取ってしまうのです。
マイナス25度、体感温度マイナス54度の世界って・・・

本作は、新たな史実も私たちに突きつけます。
昭和52年映画版では三国連太郎が演じて悪役としての汚名を背負った大隊長や、同じく北大路欣也が演じた神成大尉(同映画では神田大尉)の判断ミスで遭難したように描かれており、それが定説にもなっていましたが、事実は、行軍に参加した血気盛んな若い隊員のプライドに根ざした提言などに煽られ強行せざる得なかったようです。
また遭難事故当時の八甲田山は禿山で、現在のうっそうとした木々は後に植林されたものだということも初めて知りましたし、事故当日、気象観測史上にも稀な、大寒波があおもりを襲っており、その真っ只中で起きた悲劇だったことも初めて知りました。
加えて、八甲田ロープウェイの銅像で有名な後藤伍長等の生存した隊員や、同時期に弘前方面から行軍した弘前第31連隊(昭和52年の映画では高倉健が隊を率いた)が、ひとりの犠牲者も出さずに訓練を終えた背景には、雪山登山への知識や万全の備えがあったというのも学ぶべきことだと思います。


映画観賞後、桜が咲き誇る青森市内を歩きながら、何とも切ない気持ちで帰宅。
偶然にも奥さんが勤め先からいただいてきた桜の小枝を1輪ざしにして犠牲者の供養にさせていただきました。
桜
桜
来週予定している≪弘前桜まつり≫が恋しいです・・・早く満開に咲き誇る桜が観たい。



















関連記事
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

衝撃的でした

晩秋にヒィラノサウルスさんの処に遊びに行ったとき、蔦温泉までの道中かなりの雪深さに驚きました。実は雪は北海道が本場、本州なんてと甘く見ていた気持があったからなのです。
これは遭難するはずだと。
昭和製作の八甲田山はTVでしか見たことがないので機会があったら新作と見比べてみたいと思います。

2014/04/27(Sun) |URL|友蔵(デルス改め) [edit]
Trackback
トラックバックURL: http://hrex.blog.fc2.com/tb.php/33-d61c8b2d
Template by :FRAZ