back to TOP

admin |  RSS
久しぶりに映画館で観たのが≪ダンケルク≫。
今年の上映作品のなかではダントツの期待作です。
ダンケルク
迫力ありましたね~モノホンの戦闘機。
監督のクリストファー・ノーランはCGに頼らない映像づくりに拘ったとのことで、本作に登場する戦闘機も実機を飛ばして撮影したというからミリタリーマニアにはたまらない。
ドイツ軍のメッサーシュミットとイギリス軍のスピットファイヤーの実機による空中戦を観れるだけでも入場料払った価値があるというものです。
昭和 写真で見る世界シリーズ
秋田書店の≪写真で見る世界シリーズ≫は、子どもの頃の愛読書。戦車や戦闘機を好きになったのはその影響か?
ダンケルク
作品としては意図的にドラマティックな演出を避け、史実に忠実に仕上げたドキュメンタリータッチという印象でした。
そういう意味では、スティーブン・スピルバーグ監督の≪プライベートライアン≫以降の戦争映画のスタイルを踏襲しているわけですが、≪プライベートライアン≫が人の無残な死も含めて圧倒的リアリティーで戦争を描いたのに対して、≪ダンケルク≫は人の直接的な死の描写を避けてあるためか、鑑賞後の後味は割合あっさりしています。
ただ私としては、作風はリアリティー志向なのに、兵士の直接的な死が描かれないというアンバランスさに少し違和感を覚えましたね。≪プライベートライアン≫に負けじとドラマ性を排除し、陰惨な戦闘シーンと兵士の死の描写で貫き通したリドリー・スコット監督の≪ブラックホーク・ダウン≫はやり過ぎだとしても、世界情勢が緊迫している昨今だからこそ戦争が生む不条理、理不尽な悲劇は容赦なく描くべきだと思いますし。

しばらく家族で旅行してないな・・・ってことで、家族会議を経て北海道旅行の敢行を決定。
青森から函館までは新幹線を利用し、函館からはレンタカーで札幌、小樽という旅程となりました。
だが、しかし・・・日本列島を襲撃した台風18号・・・私たちは台風とともに北上するハメに・・・
初日はまだ台風も本州にいたため、函館からはレンタカーで難なくスタート。
札幌までは、高速道路を使わず、途中、道の駅で休憩を挟みながらひたすら一般道を走り続けること250キロ。
時間にして約5時間と、ドライバーにしてみればしんどいのですが、函館、札幌間は高速を利用すると300キロと遠回りになり、所要時間はあまり変わらないのだそうです。
到着した札幌も天候は穏やかでしたね。
さっぽろビール園
さっぽろビール園で美味しいビールとジンギスカンを堪能し・・・
札幌 時計台
時計台や大通公園のテレビ塔からの夜景を楽しむ、というお決まりの観光コースを楽しみました。

二日目。
札幌にも徐々に台風の影響が・・・
断続的な雨と強風を避け、主に地下鉄や地下商店街を利用しての移動となりました。
札幌 まんだらけ
≪まんだらけ≫の札幌店を訪ねて≪ノルベサ≫へ。
ここの屋上には観覧車があるのですが、乗ったことを後悔するほどに怖い観覧車でしたね。高さが半端なく、身じろぎひとつ出来なかった(笑)。
夜の札幌
≪まんだらけ≫で買い物した後は、夜のすすきのを散歩し、有名店≪すみれ≫の味噌ラーメンをいただきました。
札幌 味噌ラーメン すみれ
何やら空模様も怪しくなってきました。
明日は小樽に移動です。
夜の札幌
小樽への移動途中で≪白い恋人パーク≫に寄り道。
白い恋人パーク
白い恋人パーク
ここにはアンティークコレクションの展示施設があり、見応えのある展示物がズラリ。
白い恋人パーク
アンティークコレクションの入場口に鎮座するロボットライダー(?)
展示物のほんの一部をご紹介。
白い恋人パーク

白い恋人パーク

白い恋人パーク

白い恋人パーク

白い恋人パーク

白い恋人パーク

白い恋人パーク

白い恋人パーク

白い恋人パーク
テレビ東京≪お宝鑑定団≫で500万円の鑑定額がついた≪軍艦 鹿島≫のブリキのオモチャやベッカムのユニフォームなどなど、コレクションに幅があり過ぎます。
これって≪白い恋人≫の社長さんのコレクションなんでしょうか?

小樽に到着したあたりから天候は大荒れ。
横殴りの雨と強風のなかでの観光となりました。
小樽
まあ、雨の小樽も風情があって良かったですね。
しっかり美味しいお寿司をいただき、今夜の宿泊先の定山渓に移動。
北海道
まるで、スロットカーのレーシングコースのような道路を走って定山渓に向かいます。

いよいよ北海道旅行も終盤。
函館までの帰り道。途中、洞爺湖に寄り道したら、なんかみたことのあるオートバイが・・・
洞爺湖
最近、実写化もされた≪銀魂≫に登場するオートバイが駐車したお店は≪越後屋≫、アニメグッズなんかを取りそろえたお土産屋さんでした。

まあ、そんなわけで3泊4日の北海道旅行を終えたわけです。
結果として思ったのは、やっぱりレンタカー移動にして良かったな、ということ。
もちろん旅行は予め計画を立てて行きますが、天候や旅行先で仕入れた情報で計画を変更するなんてことはままあります。
そんなときに移動手段が自動車だと容易く変更が可能ですし、移動途中で思いがけず観光施設に出くわすなんてこともありますから。
事実、≪白い恋人パーク≫は当初の計画には無くて、小樽への移動途中で、「なんだ?あれ」ってな感じで行ってみたら、私の趣味に“どストライク”なところだったわけです。
私も、年齢が年齢ですから長距離運転はツラくなってきているのですが、運転に支障が出るまでは高齢者ドライバーと揶揄されようとも、頑張っていろんなところをドライブしたいな、と改めて思った旅行でもありました。



関連記事
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://hrex.blog.fc2.com/tb.php/145-c2195a2a
Template by :FRAZ