back to TOP

admin |  RSS
思えば、≪ゴジラ≫映画は、その新作が公開されるたびに期待に胸膨らませて劇場に駆けつけ、観賞後はチョットばかり微妙な感情を抱いて劇場を後にしたものでした。
ハリウッドが巨額の製作費を投じて製作した2本の作品も然り。
“面白かったけど、なんかなぁ~”
胸のなかに燻ぶる違和感。
“オレが観たかったのはゴジラ対人類の英知。初代≪ゴジラ≫の現代版なんだけどなぁ・・・”

恐らく、私と同じものを≪ゴジラ≫映画に求めていたひとは≪シン・ゴジラ≫を存分に楽しめるんじゃないでしょうか。
≪シン・ゴジラ≫はまさに、巨大不明生物≪ゴジラ≫対人類の英知を描いた作品ですから。

脚本も手がけた庵野秀明総監督は、1954年公開の初代≪ゴジラ≫へのリスペクトを踏まえつつ、極めて近代的なゴジラ映画を製作してくれたと思います。
巨大不明生物の出現とともに、スマートフォンで個人撮影されたPOV映像がネットやSNSを飛び交うなど、公的な監視システムを上回る質量をもって、情報が瞬く間に社会に拡散していく様など、昨今主流のモキュメンタリーの手法を踏まえつつ臨場感たっぷりに描いてみせてくれたりもします。
シン・ゴジラ
そして何よりこの映画、巨大不明生物出現にかかる防衛策に四苦八苦する政府の描写がずば抜けて面白い!
≪ゴジラ≫映画ではありますが、かつて原田眞人監督が映画化した≪クライマーズ・ハイ≫にも似た会話を主とした群像劇でもあるのです。
観客にその語彙の意味を解釈する間も与えないくらい、まさに“立て板に水”のやりとりを展開する官僚たちの目まぐるしさと、野村萬斎さんがモーションキャプチャーしたという≪ゴジラ≫の重厚な動きの対比が作品に緩急のリズムを与えていることも確かです。
シン・ゴジラ
エンドクレジットに野村萬斎さんの名前を見つけたときはまさか≪ゴジラ≫を演じてたとは知りませんでした。

私は≪エヴァンゲリオン≫にはハマらなかったので、庵野さんの作風というのは今一つ分からないのですが、会話に重きを置いた演出やところどころに文字が大写しになる手法、そして独特なリズムを擁する編集なんかは恐らく庵野さんの持ち味なんでしょうね。もしそうならば、≪シン・ゴジラ≫は、ハリウッド製作のものも含めてこれまでの≪ゴジラ≫映画とはまったくニュアンスが異なることからも、まさに庵野秀明さんの作品を愛するひとたちにはたまらん作品なのではないでしょうか。
とは言うものの、本文冒頭でも書きましたが、本作は初代≪ゴジラ≫へのリスペクトを忘れていない完全無欠の≪ゴジラ≫映画でもありますので、ゴジラ映画ファンにとっても十分たまらん作品だと思います。
オープニングタイトルは1954年公開版≪ゴジラ≫と一緒だし、要所要所で伊福部昭作曲のゴジラ映画のテーマ曲が流れ、身を引き締めてくれますし(笑)。大好きな≪伊福部マーチ≫が流れるシーンでは“ここで流すか!?”と感動で身体が震えましたね。
シン・ゴジラ
私が≪シン・ゴジラ≫を観て感じたのは、シリアスな映画だけど世相的なブラックユーモアを擁した作品だな、ということ。
ゴジラ対策本部のメンバーがオタク気質でアウトサイダーな面々で編成されてたり、石原さとみさん演ずる米国大統領特使や余貴美子さん演ずる防衛大臣、市川実日子さん演ずる環境省職員などの女性登場人物の方が決断力に乏しい男性官僚よりも魅力的に描かれてたり、思わず吹き出しちゃうような描写が随所に散りばめられています。
そういえばゴジラが初めて姿を現し、東京都大田区を進行するシーンなんかも“え?何これ・・・”と唖然としちゃいましたが・・・(おっと、ネタばれ注意)

長谷川博己さん等俳優陣の緊張感漲る演技はもちろんのこと、張り巡らされた鉄道など東京都の都市機能を活かしたゴジラへの攻撃方法やシン・ゴジラの圧倒的(!)な攻撃能力、自衛隊の陸空兵器との攻防戦などなどスペクタキュラーな見どころも満載な≪シン・ゴジラ≫は、世界に誇れるクオリティーのゴジラ映画であり、私が待ち望んでいたゴジラ映画でしたね。
エンドクレジットまでしっかりと楽しんだ私は最高に高揚した気分で≪伊福部マーチ≫を口ずさみながら映画館を後にしました(笑)。
シン・ゴジラ
劇場限定フィギュア(クリアレッドヴァージョン)、パンフレット

最後にひとつ言わせてもらうならば・・・
クライマックスのゴジラ撃退法を「アリ」とするか「ナシ」とするか・・・≪シン・ゴジラ≫の評価は意外とその辺にあったりするんじゃないでしょうか・・・私は初代≪ゴジラ≫を倒した≪オキシジェン・デストロイヤー≫へのリスペクトと受け止め「アリ」でしたが・・・ね。(おっと、ネタばれ注意)



スポンサーサイト
半年程前。
不意に左肩に痛みが走り、“ま・・・そのうち治るだろ・・・”と思ってたら、痛みはますます酷くなるばかり。
まるで筋肉を切り裂くような痛みはやがて左腕全体に広がり、そのうち指先が痺れだした。
さすがに“こりゃ、まずい”ってんで、整形外科の診察を受けたのですが、レントゲンやらなにやらの検査をした医者がひと言。
「あ・・・これ、五十肩ってヤツですね」
・・・・・まあ、たしかにそんな年齢にもなりましたよ。
でもなんかショック・・・・・
若ぶってても身体は正直ってことですか。
現実は素直に受け入れて通院。投薬や注射、リハビリなどの治療に励みましたが・・・一向に良くなる気配がない。
そこで思い切って整形外科への通院を止めて、近所にある整体院に通い出したら、あら不思議。
痛みは軽減。ほとんど上がらなかった左腕も難なく「万歳!」できる(笑)ほどに回復しました。
恐るべし、整体師。
さすが、東洋医学。
これからもしばらく通わせていただきます。

先頃、WOWOWで放送された≪罪の余白≫を観ました。
罪の余白

≪罪の余白≫は劇場で観たかった作品なのですが、あおもりでの上映が短期間だった故観逃してしまい後悔してた作品。
黒沢清監督作品≪クリーピー 偽りの隣人≫も、人間不信に陥りそうなコワ~い映画でしたが、≪罪の余白≫も背筋が寒くなる映画でした。
原作は芦沢央さんのサスペンス小説。野性時代フロンティア文学賞を受賞しています。
残忍でずる賢い同級生のいじめで娘を死に追いやられた行動心理学者が娘の死の真実を追求し、やがてその同級生と対決するという物語です。
罪の余白
行動心理学者を演ずるのは内野聖陽さん。
森田芳光監督作品≪黒い家≫では、大竹しのぶさん演ずるサイコキラーの襲撃に始終怯えまくっていましたが、本作では愛娘の仇討のため果敢に闘いを挑みます。
スクールカーストの頂点に君臨する残忍でずる賢く、そして“美し過ぎる”女子高生を演ずるのは吉本実憂さん。
≪罪の余白≫の見どころは、吉本実憂さんの迫真の“悪女っぷり”といっても過言じゃないほど、この若き女優さん頑張っています。好感度とか、今後の出演オファーの傾倒化とかを考えたら進んで演じたくはない役柄だと思うのですが、この方勇気ありますね。見事に底知れぬ心の闇を抱えた美しきモンスターを演じきっていて感動さえ覚えました。
行動心理学者の上司(?)役で出演している谷村美月さんも実力のある魅力的な女優さんですね。
胸が苦しくなるほどの緊張感に満ちたストーリー展開のなかで、彼女の人間味溢れる存在感が時折緊張を解きほごしてくれます。
作品としては、愛娘の死の真相究明にかかる内野聖陽さんの一連の行動があまりに無計画、感情的過ぎるが故、職業設定を行動心理学者にした製作サイドの意図がいまひとつ良く分からなかった、ってのはあります。
行動心理学では人の心の闇は分析できませんという学問に対するアンチテーゼ?
それとも学問に精通している人物でさえ思いのままに翻弄する性悪女子高生の凶悪性の強調?
いずれにしても、行動心理学を駆使する学者と知的かつ狡猾な性悪女子高生との駆け引きによるバトルがもっと描けていれば作品としての説得力や凄みが増したように思いますけど。

いよいよ≪シンゴジラ≫の公開まであと1週間となりましたね。
以前、本ブログでもご紹介した青森県田舎館村の≪田んぼアート≫の今年の図柄≪シンゴジラ≫が今月13日にお披露目されました。
シンゴジラ 田んぼアート
当日はゴジラも≪田んぼアート≫会場を訪れ、テープカットをお手伝い。
私としては、ゴジラと一緒に怪獣映画フリークにしてテープカッターのみうらじゅん氏にも来場していただきたかったのですが・・・もちろん自前のハサミでテープカットしてほしかったですね。

≪シンゴジラ≫の公開を間近に控え、出版界もゴジラブームの様です。
さまざまな書籍、ムックが販売されていますが、私のお勧めは、講談社の≪ゴジラ 全映画DVDコレクターズBOX≫の創刊号≪ゴジラ 1954年公開≫です。
ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX 創刊号
映画のDVDソフトが封入された商品というのはこれまでにもありましたが、講談社のこのシリーズの目玉は、封入される映画作品の公開時に作成されたポスターやチラシなどの宣材が復刻版として付いてくる、ってところ。
創刊号の≪ゴジラ 1954年公開≫には、当時のパンフレット、半裁ポスター、スピードポスター、プレスシート、東宝写真ニュース、≪シンゴジラ≫チラシ、東宝写真ニュース≪シンゴジラ≫バージョン、≪ぼくら≫昭和30年3月号付録の≪怪獣絵物語ゴジラ≫、そして≪キングコング対ゴジラ≫のスピードポスターという豪華付録に加え、DVDソフトには1954年公開版≪ゴジラ≫のほか1997年から1998年にかけてテレビで放送された≪ゴジラアイランド≫の第1話から第5話までが収録されています。
ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX 創刊号
ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX 創刊号
ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX 創刊号
ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX 創刊号
んで、890円。
これはお買い得でしょう。
とくに、≪ぼくら≫昭和30年3月号付録の≪怪獣絵物語ゴジラ≫の復刻版は、映画コミカライズ作品を収集している私にしてみれば、復刻版とはいえどありがたくて感謝、感謝です。

さあ、最高に気分は盛り上がったし・・・
来週は早起きして≪シンゴジラ≫観てきますよ!
シンゴジラ






近頃、県外出張が続いています。
ちょっと疲れるけど、県外の出張嫌いじゃありません。
っていうか、好きです。
普段はデスクワークが多いから、機会さえあればどんどん見知らぬ街に行き、土地土地の名物を食したり名所を訪ねたりするのは気分転換に最適です。
決して人づきあいが得意な方ではありませんが、その土地を訪れなければ一生会うことがなかったであろう人たちと出会えるのも楽しいですし。

旅先では新しい発見もあったりしますね。
先日、あおもりのお隣秋田県に行って参りましたが、盛岡の乗り換えで新幹線こまちに初乗車。
新幹線なのに割合ゆっくりの走行だな、と思ったら新幹線こまちって在来線を走るんですね。
んで、終点秋田駅のひとつ手前の≪大曲≫で進行方向が逆転!
それまでビュンビュン近づいていた車窓の景色が、今度はビュンビュン遠ざかる景色に一転。
座席を回転することもできましたが、周りの乗客にそんな気配も無く、“これもまた旅の醍醐味”とそのまま秋田駅に到着しました。
秋田市は、近代的建築物と歴史的建築物が混在した趣きのある街並みが素敵。
んで、なにより感動したのが、美人の多さ!
っていうか、街でみかける女性がことごとく≪秋田美人≫。
隣県へのゴマすりやお世辞なんかじゃありません。
きっと秋田の人って見慣れているから意識することもないんでしょうけど、県外から訪れた人はやっぱり驚きますって。
オジさん、いい歳こいて街中で始終ニヤけてましたよ(恥)。

秋田出張ではビジネスホテルに一泊。
私、お酒は嗜む程度ですので、地元地元の美味しい夕食をとったら早々とホテルで休息です。
で、やっぱ利用しちゃうのがホテルの有料テレビのサービス。
あ・・・“スケベなオヤジだ!”って思った貴方、う~ん・・・まあ、そりゃあエッチなのも観ちゃいますけど、お目当ては映画観賞だったりします。・・・ホントだってば(苦笑)。
ホテルの有料テレビのラインナップって比較的最近の洋画・邦画が揃ってるんですよね。
だいたいエレベータ前の自動販売機で1,000円の視聴カードを購入するんですけど、お勧めはどんな作品が放送されているのかを確認する前に視聴カードを購入するってこと。
正に宝くじ・・・運だめしってとこですね。
いざ入室して放送プログラムを確認。
“え~っつまんなそうな映画ばっか・・・”ってときはハズレ。素直にエロビデオでも楽しみましょう。
んで、“おっ!これ観たかったんだよ!”ってときはアタリなわけです。
秋田のホテルの放送プログラムはアタリでした。
≪エベレスト≫、≪ジュラシックワールド≫など、劇場観賞済み作品のほか、≪ミッションインポッシブル/ローグ・ネーション≫、≪ヴィジット≫などの未観賞作品も充実しててまずはひと安心。
で、何を観たかというと≪ジュラシックワールド≫。
シャマラン監督の新作ホラー≪ヴィジット≫と迷ったんですが・・・たとえ2回目の観賞とは言え、≪ジュラシックワールド≫を選んじゃう恐竜フェチな私なのです。
ジュラシックワールド
≪ジュラシックワールド≫、やっぱり面白いです!
映画館で観たときも、恐竜映画ファンのツボを理解した、まさに痒い所に手が届くストーリー展開に大興奮でしたが、今回もクライマックスのハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとティラノサウルスの死闘シーンでは拍手喝采。ヴェロキラプトルと人間の友情(?)にウルウルなのでした。

そういえば昨日、古本屋さんで≪ジュラシックパーク≫のコミカライズ本を見つけました。
映画のコミカライズ本を収集している私ですが、≪ジュラシックパーク≫も漫画になっていたとは・・・知りませんでした。
ジュラシックパーク コミカライズ
≪ジュラシックパーク≫のコミカライズは、講談社コミックスボンボンから1993年に発売。作画は坂本かずみさんです。
映画にも登場した子どもたちを中心に物語が展開する点を除けば、ストーリーはほぼ映画と一緒。

≪シンゴジラ≫の公開まであとわずか。
恐竜映画は、かつて地球上に実在した生物が現代社会に現れるというロマンと悲哀を、怪獣映画は“そんなバカな”的な大ボラを、どこまで真剣に描き切るかが作品の評価に影響するように思えます。
シンゴジラ
キネマ旬報編集、大伴昌司さんの名著≪世界怪物怪獣大全集≫の座談会でSF作家の星新一さんが「昔の怪獣映画は大人が観るものという前提で作られて、子どもはそのお相伴にあずかっていた。いまの怪獣映画は最初から子どものために存在しているから怖くない」といった発言をされていますが、50年近く前の発言とは言うものの全くそのとおりだと思います。
キネマ旬報編集 世界怪物怪獣大全集 
恐竜映画も怪獣映画も大人を納得させるだけのリアリティーが命。
相手を騙せてこその大ボラですから≪シンゴジラ≫には気持ちよく騙されたい・・・ただそれだけですね。







Template by :FRAZ