back to TOP

admin |  RSS
今日はUFOの話。
今更、言うまでもないけれど≪Unidentified Flying Object≫の頭文字を取ってUFO(ユーフォー)。
要は≪空飛ぶ円盤≫のこと。
そう私たちが子どもの頃(1960年代)にはUFOなんてシャレた言葉はなかった。
みんな≪空飛ぶ円盤≫と言っていた。
なぜか友だち連中にも≪空飛ぶ円盤≫の目撃者が多く、かく言う私も目撃した経験がある。
そんな(どんな?)時代だったんだ・・・1960年代って(笑)。

日本でUFOという言葉が定着したのは、恐らく1970年にテレビ放送されたSFドラマ≪謎の円盤UFO≫からだと思います。
謎の円盤UFO
≪謎の円盤UFO≫は、地球人と敵対する宇宙人が搭乗するUFOのオリジナリティ溢れる形状や、インターセプター、スカイダイバーなどのUFO撃退用兵器がメチャクチャ格好よいSFテレビドラマの秀作。
このテレビドラマのヒットがUFOという呼称を一般化させたんじゃないかと。
少年マガジン
少年マガジン
≪少年マガジン≫1976年12月号≪UFO最新特集号≫

んなわけで、今回は私たち1960年代生まれのバイブル、秋田書店発行の≪世界怪奇スリラー全集⑥≫、南山宏監修≪世界の円盤ミステリー≫をテキストにUFO事件の真相を考察してみましょう(笑)。
世界怪奇スリラー全集 秋田書店
UFOの目撃事件は、1947年6月24日、ワシントン州上空で、アメリカ人のケネス・アーノルドがセスナ機から目撃したのが世界初と言われています。
この目撃事件の真相究明においては、当時、旧ソ連と冷戦下にあったアメリカ国民の第3次世界大戦や核戦争に対する社会不安がもたらした錯覚現象だとか、アメリカに亡命したドイツの兵器開発者が大戦中にヒトラー政権下で研究開発していた新兵器をアメリカで完成させ、実験飛行したものを目撃したのだ・・・とか諸説あるようですね。
世界怪奇スリラー全集 秋田書店
≪世界の円盤ミステリー≫に掲載のUFO写真。

UFO目撃事件のなかで最も有名なのが、アメリカアリゾナ州で1952年11月20日に発生したジョージ・アダムスキーの事件。
世界怪奇スリラー全集 秋田書店
この事件の何が凄いって、なんとアダムスキーって人は、UFOを目撃しただけでなく、UFOに搭乗、宇宙人と親交を深め、月などに行ってきたというんだから当時小学生の私もぶったまげたわけです。
この事件を機に円盤の上部にコクピットのあるタイプは≪アダムスキー型≫と呼称される程に一般的になりました。
未知との遭遇
スティーヴン・スピルバーグ監督のSF映画≪未知との遭遇≫公開時にバンダイから発売された≪アダムスキー型≫円盤のプラモデルなど。

このアダムスキー事件に関わらず、興味深いのが、これらUFO関連事件とSF映画の奇妙な符合です。
ジョージ・アダムスキーが遭遇したという宇宙人は、人間と見分けのつかない容姿端麗な美男美女たち。
とても友好的な宇宙人は地球で行われている原水爆実験を憂い、アダムスキーにこれを止めるよう警告さえしたそうです。

・・・でも、これってどこかで聞いたことがあるお話のような・・・・

そう。名匠ロバート・ワイズ監督のSF映画≪地球の静止する日≫です。
マイケル・レニー演ずる宇宙人はとても友好的で、地球で行われている原水爆実験を止めさせるために地球を訪れます。
宇宙人の容姿もそっくり。人間と見分けがつかず、なんと着用しているスーツまで一緒です。
地球の静止する日
≪地球の静止する日≫の宇宙人・・・
世界怪奇スリラー全集 秋田書店
アダムスキーが遭遇したという宇宙人・・・似てますね(笑)。

そこで映画の公開年を調べてみると、≪地球の静止する日≫のアメリカでの公開は1951年9月28日。
アダムスキー事件は映画公開の1年後ということになりますね。

≪世界の円盤ミステリー≫に掲載されている他のUFO目撃事件にも映画との符合が。
1958年12月20日にスウェーデンで発生したUFO目撃事件はかなりキテレツ。
なんとUFOの中から現れたゼリー状の宇宙生物に二人の男性が襲われたというもの。
世界怪奇スリラー全集 秋田書店
これまでも地球人を敵対視する宇宙人から襲撃を受けたという報告例はあったものの、いずれもヒト型、あるいは動物型。ゼリー状なんてのはこれが初めてなわけです。
不定形の宇宙生物に果たしてUFOを製造し、操縦することができるのかという基本的な疑問はさておき、このゼリー状の宇宙生物が現れる映画もまた、この事件の3か月前に公開されています。
≪マックイーン絶対の危機≫です。
BLOB
1958年9月12日に公開されたこの映画は、そのタイトルにもあるように名優スティーブ・マックイーンがまだ無名な頃に主演したSFスリラー映画。
日本公開は1965年であり、1963年に公開された≪大脱走≫などの作品でマックイーンの人気が急浮上したために、日本ではこのタイトルで公開されたようです。
≪マックイーン絶対の危機≫には、人間を餌とする不定形のゼリー状の宇宙生物が登場、1988年には≪ブロブ/宇宙からの不明物体≫というタイトルでリメイクされました。

以上のように、UFOや宇宙人の目撃事件というのは、世相に対する社会不安や映画などのメディアの影響による錯覚、もしくは虚偽の報告と考える私ですが、地球に生物が存在するように、どこかの星にも必ず知的生命体はいる、と信じたい私なのでもあります。









スポンサーサイト
暑いですね。
まだ5月だというのに、まるで夏のような暑さです。
んなわけで、ちょっと早いけど怪談でもいきましょう。

書店なんかに行くと、≪本当に恐い映画特集≫なんてMOOKが目につきますが、恐い映画と言うのも様々で、超人的な能力を持った殺人鬼が刃物を持って追いかけてくるのも確かに恐いし、暗闇からゾンビが飛び出してきたらそれもまた恐い・・・
でも、現実社会で起きている殺人事件がフィクションを凌駕しているような昨今だし、暗闇から飛び出してくればそれがたとえ子猫であっても恐い・・・っていうか驚くわけで、そんな現実社会を憂うような映画とか、“驚き”イコール“恐い”としちゃう映画は一先ず置いときましょう。(嫌いじゃないんだけどね)

そう、恐い映画といえば、やっぱ心霊系。
自分が、そのての存在を全く信じていないせいか、“ありえない世界をリアルに描く”という心霊映画のスタンスが好きなのかも知れません。やっぱ映画には“どれだけうまく大ボラを吹くか”の面白さってありますから。

んで、好きな心霊映画ですが、まずは隠れた名作≪恐怖の足跡≫。
1962年に製作された映画で、自動車事故から生還した女性が亡霊にまとわりつかれるお話です。
心霊映画
公開当時はあまり話題にならなかったようですが、その面白さが次第に評価され、いまでは知る人ぞ知るカルト映画。
恐怖の足跡
本作に登場する亡霊のメイクは、後にゾンビ映画のマスターピース≪ナイト オブ ザ リビングデッド≫のゾンビのメイクに、そのトリッキーな結末はさまざまな心霊映画に流用されたようです。

ヘンリー・ジェームズの小説『ねじの回転』を、ウィリアム・アーチボルドとトルーマン・カポーティが脚色した1962年製作の映画≪回転≫もまた心霊映画の秀作です。
心霊映画
亡霊が日常風景のなかに紛れ込んでいるという描写は、近年の≪Jホラー≫と呼ばれる日本製ホラー映画の特徴と思われがちですが、≪恐怖の足跡≫といい、30年以上も前に確立していた手法なのですね。
なお≪回転≫は、映画監督の黒沢清さん監修のDVDセット≪映画はおそろしい≫のなかの1本としてリリース。
≪回転≫の前日譚≪妖精たちの森≫はマーロン・ブランド主演で映画化されました。

心霊映画といえば、“屋敷”モノですね。
このての代表作といえばスティーヴン・スピルバーグ製作の≪ポルターガイスト≫あたりが有名ですが、私の記憶に焼きついているのは、やっぱり≪ヘルハウス≫、≪たたり≫、そして、タイトルもそのものずばりの≪家≫です。
心霊映画
≪ヘルハウス≫は、最新科学 VS 亡霊という展開が手に汗握る傑作。
原作は、スピルバーグが映画化した≪激突≫やSF映画の傑作≪縮みゆく男≫の原作も手がけた小説家リチャード・マシスンです。
心霊小説
≪ヘルハウス≫の原作本など。

≪たたり≫、≪家≫は派手さこそありませんが、なんともイヤ~な後味が残る“屋敷モノ”の佳作です。

比較的新しい作品では二コール・キッドマン主演の≪アザーズ≫が好きです。
心霊映画
心霊映画は、日常と非日常が渾然一体となった世界観というか、この世とあの世の境目が曖昧になった状況をいかに上手く描くかが勝負のように思えます。
その点≪アザーズ≫は、イギリス領のジャージ島で伝統的に行われてきた遺体写真撮影の習慣などのエピソードを巧みに挿入することであの世とこの世の境目を曖昧にし、怪奇・恐怖映画というよりは幻想映画のように物語を構築したのが良かったですね。
アザーズ

≪ソウル・サバイバー≫は、≪恐怖の足跡≫と似た物語展開ながらお勧めの1本です。

お次は心霊小説です。
日本のものでは、岡本綺堂の≪木曽の旅人≫とか小松左京の≪くだんのはは≫、そして岩井志麻子の≪ぼっけえきょうてい≫がお勧めかな。≪くだんのはは≫、≪ぼっけえきょうてい≫は心霊小説ではありませんが、何れの作品も、絶妙な語り口で、背筋が凍りつく異常な世界に誘う名作です。
心霊小説

ついでに漫画も紹介しちゃいましょう。
漫画は、“なんでこんなの読んじゃったんだろ・・・”と後悔しちゃうくらいに恐い漫画が昭和の世に溢れてましたが、中でもずば抜けて恐かったのが、≪亡霊学級≫。
心霊まんが
実録心霊モノのこの漫画、リアルな物語とつのだじろうさんの画力にやられて、小学生の私はしばらく平穏に寝付くことができませんでした(笑)。

最後に、現実世界を侵食する“あの世”の象徴を2点見比べて終わりにしましょう。
まずは昭和40年くらいに青森県の霊山恐山で撮影されたと言われる心霊写真。
心霊写真
・・・あきらかに写真の2重露光ですね(笑)。だってお婆さんの姿のほかに何やら背景的なものまで透けて見えますから。

お次は平成の世の、霊が映り込んだという動画の一場面。(ちょっと恐いといえば恐いので見たい人だけ見てください。)
心霊動画
ベッドの向こうから覗きこんでいるのが霊なんでしょうか・・・?
なんか話題作りのために白塗りした人を仕込んでたんじゃないの、って気もします・・・が・・・
あ~やっぱ、こういうのは信じなくちゃあダメですよね。
懐疑的な自分・・・なんか人生、損してる気がしちゃいます。

今年のゴールデン・ウィークは、連休期間が長く、好天にも恵まれましたね。
私はと言えば、あまり遠出はせず、連日、近場にプラプラと出歩いているという塩梅でした。
あおもりのゴールデン・ウィークといえば、桜まつりなわけですが、今年は連休前に満開。
5月に入ったころにはすっかり葉桜という状況でした。
私は諸般の都合で、開花宣言が出たあたりに弘前公園を訪れましたので、ほとんどの桜がまだ蕾でした。
弘前桜まつり
弘前城と桜・・・・といきたかったのですが、残念。
弘前桜まつり
桜は無くとも祭りの準備は万全。恒例の≪お化け屋敷≫や映画≪津軽百年食堂≫で有名になった≪三忠食堂≫の看板が相変わらずいい味出してます。
弘前桜まつり
弘前桜まつり
お昼をいただいたお蕎麦屋さんに飾られていた≪ゲゲゲの鬼太郎≫のねぷた・・・
弘前桜まつり
でもこの鬼太郎、一つ目小僧になっちゃってます(笑)。

弘前市を舞台にした人気コミック≪ふらいんぐういっち≫の聖地巡りによる観光推進ポスターがお店のところどころに。
弘前桜まつり
弘前市を後にして、たんぼアートで有名な田舎館村のみちの駅へ。
田舎館村 いち姫 限定バージョン
以前から欲しかった田舎館村のアイドルマスコットフィギュア≪いち姫≫の限定フィギュアをGET!

昨年も訪れた岩手県久慈市を訪問。
久慈
久慈駅には、NHKの連続ドラマ≪あまちゃん≫に関連した展示物が。
久慈
駅前の百貨店の建物も劇中で使われましたね。
久慈
市内を散策していると長い行列が出来ているラーメン店を発見。
久慈
鶏ダシのラーメンを提供する人気のお店のようで、ぜひ食べてみたかったのですが、行列に並ぶ時間もなかったのでお持ち帰り用のラーメンセットを購入しました。帰宅してから調理して食べましたが、美味かったです。
市内のあちらこちらに咲いていた八重桜がきれいでした。
久慈

そして連休も終わりに近づいてきたので、待望の≪成田亨展≫へ。
成田亨展
会場の≪青森県立美術館≫の正面入り口に見覚えのある車両が・・・
なんと≪ウルトラセブン≫に登場したポインター号ではないですか!
成田亨展
撮影に使用した車両を忠実に復元したレプリカとのことですが、メチャクチャカッコ良くて、私、テンション上がりまくりです(笑)。
成田亨展
目をキラキラさせたお父さんがポインター号の周りに集まってて、その後ろで奥さんや子どもが退屈そうにしている光景があちらこちらに。気持ちは分かります。なんたって子どもの頃に憧れたポインター号なんですから。
成田亨展
≪成田亨展≫は、本邦初の大規模回顧展というだけあって、とても見応えがありました。
成田亨展
世界的評価の高い日本の特撮映画・ドラマを支えた天才芸術家の作品の数々に圧倒されますよ。
≪成田亨展≫は、5月31日まで開催。
成田亨展
コレクターアイテムとして作成されたフライヤーの数々。
私は、入場者限定フライヤーも入手し、残りは前売り特典フライヤーのみ。
成田亨展
展示会のパンフレット、ガシャポンのウルトラマン缶バッジ、入場券の半券。

今日でゴールデン・ウィークも終了。
明日からまた仕事かと思うとちょっとツラいけど、リフレッシュもしたし頑張っていきましょう!









エマニエル夫人、エーゲ海に捧ぐ、ビリティス、シビルの部屋、ヒッチハイク、O嬢の物語・・・これらの映画タイトルを聞いて、何か甘酸っぱいモノが胸に込み上げてきたひとは、恐らく私とほぼ同年代。
ファラ・フォーセット・メジャース、コリンヌ・クレリー、スーザン・ジョージ、チョチョリーナなどの名前を聞いて、思わず生唾を飲み込んだら、もう間違いない!(笑)
映画チラシ
1970年代。
思春期を迎え、異性に興味を持ち始めた若者を惑わした映画・・・それは必ずしも成人映画やピンク映画ばかりではありません。
何気なく、普通に楽しもうと思って観た映画に潜むワナ・・・
心の準備も出来ていないウブな若者の妄想をビンビンに刺激するセクシーな女優たち・・・

今回は私が中坊の頃(あるいはその近辺)に心を激しくかき乱された(笑)これらの映画、女優さんを紹介しましょう。
まずは1976年公開のSF映画、≪2300年未来への旅≫です。
そのタイトルから、スタンリー・キューブリックの不朽の名作≪2001年宇宙の旅≫のような硬派なSF映画だと思った私。
しかし、そこに待ちうけていたのは、裸体に布を巻きつけたキワドイ姿の主演女優ジェニー・アガターのセクシービーム(笑)でした。
ジェニーアガター
際ど過ぎるジェニー・アガターの衣装

怪獣映画≪キングコング≫だってそう。
1976年のリメイク版は、特殊メイクアップアーティスト、リック・ベイカーのゴリラスーツの素晴らしさよりも、キングコングに弄ばれるジェシカ・ラングに目が釘付け。
結果、観終わった後、ジェシカ・ラングのオッ○イしか頭に残らない珍作となり果てました。
ジェシカ・ラング
こりゃエロい!ジェシカ・ラング

そして極めつけは、SFファンタジー映画の大作だと思い、土曜日の真昼間にテレビで観た≪バーバレラ≫。
ジェーン・フォンダのエロさは私の自我を一瞬にして吹き飛ばします。
んで、いまでも≪バーバレラ≫にハマってるって次第。
70年代ムービー

でも、まあ、これらの映画は予期せずハマっちゃったワナなんだからしょうがない。
だが、しかし1970年代は、中坊の純粋な“映画愛”に、“エッチだけど芸術作品なんだから・・・”という付加価値を与えて劇場に引きずり込む作品がいっぱいで、まんまとこのワナにも私ハマっちゃいます。
“自分は芸術性の高い作品を観るだけだから”という正当化の鎧を身にまとって劇場入り。
“いま目にしたものは一体何だったのか・・・?”と、ゾンビのようにうつろな目で劇場をあとにしたものです。
70年代ムービー
私を茫然自失にした映画の数々。

大人になっても、やはりこの頃に受けた衝撃はある種のトラウマとなり、ついつい70年代のエロい映画の映像ソフトに手を出しちゃう私。当時は観ることの叶わなかった作品も大人になったいまではお咎めなしの観放題だし。
70年代ムービー
≪わらの犬≫、≪悪魔のえじき(発情アニマル)≫、≪They Call Her One Eye≫、≪裸の復讐≫はアクション映画の要素もある、俗に≪レイプリベンジ≫ものと言われるジャンル。≪They Call Her One Eye≫はクエンティン・タランティーノの≪キル・ビル≫にも影響を与えました。
70年代ムービー
≪ナチ強制収容所 白い生贄≫、≪死霊の生首≫、≪悪魔のはらわた≫、≪SM大陸マンダラ≫。いかがわしさの中にも神々しさを感じます(笑)。≪悪魔のはらわた≫は、アンディ・ウォーホルがプロデュースを手がけたエロ・スプラッター・ホラームービー

・・・んで、邦画のエロは・・・?
実は、さすがに当時、ピンク映画と呼ばれる日本のエロ映画を観る勇気がなかった臆病な私。
っていうか、エロ映画を観るうえで自分を納得させるための理由、つまりは正当化する理屈がピンク映画の場合、考え付かなかったんだと思う。
だから、ピンク映画のポスターを横目で見て、内心“観たい!”と思いながら興味なさげな顔してた(笑)。
ピンク映画
こんなのや・・・
ピンク映画
こんなのや・・・・・
ピンク映画
こんなの・・・
観れなかった恨みはポスター収集で晴らしてます(笑)。

でもいまになって分かります。
エロ映画観るのに、屁理屈や正当化なんて必要ないってことを。

「観たいから観る!」

それ以上の理由なんてありませんから。



Template by :FRAZ