back to TOP

admin |  RSS
≪YELLOW MAGIC ORCHESTRA≫との出会いは1979年。
セカンドアルバム≪SOLID STATE SURVIVOR≫が最初に聴いた≪YMO≫でした。
とにかく衝撃的でしたね。
“これまでに聴いたことのない音楽”・・・その一言に尽きました。

それまで音楽にまったく興味がなかったクセに、その日からは寝ても覚めても≪YMO≫。
それが≪テクノポップ≫とカテゴリーされる音楽だと知り、関連雑誌を買いまくり。
YMO
テクノポップの雑誌≪テクノ・ボーイ≫

当時はまだビデオデッキも無く、テレビでオンエアされる彼らのパフォーマンスを動画で記録に残す手立てはありません。
そこでもっぱら、テレビの前にカセットテープレコーダーをセットし、録音ボタンをON!
録音中は物音ひとつ立てられないという不憫な日々・・・でもそれを不憫とは感じない時代(笑)。

そんなとき、とんでもない商品が発売されました。
商品名は≪WALKMAN≫。SONYが発売した世界初の携帯用カセットテープレコーダー(但し再生のみ)です。
ウォークマン
≪WALKMAN≫の初期バージョン。いまでも作動します。

≪YMO≫の社会現象になるほどのブームの背景に、この近未来的商品(笑)≪WALKMAN≫があったことは言うまでもありません。“最新の音楽を、最新のツールで持ち歩いて聴く”という、いまでは当たり前ですが、当時は革新的なスタイルが多くの若者を魅了したのです。

当時の私といえば、あおもりに住んでいては到底参戦できなかった≪YMO≫のLIVEに、幸い学生生活を北海道で過ごしていたということもあり、参戦することができました。
いまのようにネットでチケットを購入する時代じゃありません。
札幌PARCO前にあった≪ぴあ≫チケット売り場に並んでチケットをゲット!
YMO
≪YMO≫関連のLIVEチケットの半券。

初めて、参戦したのは1981年の≪WINTER LIVE≫でした。
初≪YMO≫はメチャクチャ興奮したのを憶えています。
そんな私のテンションの高さとは裏腹に≪WINTER LIVE≫はとってもクール!
演出、舞台装置、そして彼らのパフォーマンスのすべてがメチャクチャカッコ良かった。
YMO
≪WINTER LIVE≫はパンフレットが製作されなかったので記念品はこのポスターのみ。デカいです。

LIVEに参戦して、さらに≪YMO≫にどっぷりハマった私は、関連商品を買いまくります。
YMO
≪YMO≫関連のムック。特に≪OMIYAGE≫は代表的なムックで、そのタイトルはアナグラム。文字を入れ替えると≪I YMO AGE≫になる秀逸なもの。
YMO
当時の雑誌は≪YMO≫とその周辺アーティスト一色。1980年代を代表するサブカル誌≪宝島≫などなど。
YMO
いうまでもなく当時はアナログレコードの時代。≪YMO≫周辺アーティストのシングル盤の数々。
YMO
12インチシングル。比較的レアな輸入版と放送局用サンプル盤。
YMO
テープが擦り切れるほどに観賞したLIVEビデオ。

もちろん、メンバーがソロで行ったLIVEにも参戦。
YMO
高橋幸宏、坂本龍一のLIVEパンフレット。

そして、1983年・・・≪YMO≫が突然“散開”を発表。
涙、涙の散開LIVEでした(笑)。
まるでナチスの集会を彷彿させる舞台演出は、アーティストを神格化するオーディエンスを茶化したもの。
≪YMO≫らしいジョークですね。
YMO
散開LIVEのパンフレット。
YMO
散開LIVEグッズとフジカセットの抽選で当たった、高橋幸宏デザインの紙(!)製シャツ。

奇しくも、最後のLIVE TOURに参戦して間もなくして私もあおもりに帰青。
まさに≪YMO≫とともに過ごした“青春時代”だったのです。

・・・・・・そして“散開”から10年が経過した1993年、≪YMO≫は再結成。
再び再燃する私の≪YMO≫熱。
YMO
≪YMO≫の再結成時に販売されたムック。
YMO
≪YMO≫の代表曲を網羅したCDBOX≪テクノ・バイブル≫は限定生産で販売されました。

再結成後は、夏フェスなどで度々メンバーが顔をそろえてくれるようになり、新アレンジで代表曲を披露してくれるまでのアフターサービスに徹する御三方。
坂本龍一さんが病気を克服し、再び≪YMO≫の健在ぶりをみせてくれることを願って止みません。
YMOフィギュア
メディコム・トイ社製≪増殖≫フィギュア。







スポンサーサイト
最近、コレクションについてあまり書いてなかったな・・・と思い、我が家の納戸をゴソゴソ・・・
オモチャもいいけど、“紙モノ”もいいよね、ということで、今日はアメコミとかSF・ホラー系の洋書にします。
まずは有名なところで≪FAMOUS MONSTERS≫。
フェイマスモンスターズ
SF・ホラー映画が好きなひとなら知らない人はいないんじゃないかというほどの有名雑誌ですね。
SF・ホラー関連の編集者として知られたフォーレスト・J・アッカーマンが編集者をしていたことでも知られています。

次はこれまた有名な≪STAR LOG≫。
スターログ
≪STAR LOG≫は、かつては日本版も販売されていました。
洋書
≪STAR LOG≫の≪photo guidebook≫
シネマジック
≪STAR LOG≫の≪CINEMAGIC≫。特殊撮影の方法を学ぶガイドブックです。
バンピレラ
≪STAR LOG≫日本版の別冊コミック本≪VANPIRELLA≫。
バンピレラ
別冊≪VANPIRELLA≫の付録のピンナップ
バンピレラ
ホセ・ゴンザレスが描く≪VANPIRELLA≫
大友克洋
日本を代表して大友克洋氏の作品も掲載。

マニアックなホラー映画ファン向けの雑誌≪FANGORIA≫。
ファンゴリア
画像手前は、特殊メイクアップアーティスト、ディック・スミスの特集号。

アメコミ
コミック雑誌≪CREEPY≫。
アメコミ
≪BATMAN≫などなど。

アメコミ
最後は日本の出版元から、映画公開時に発売された≪STAR WARS≫と≪ALIEN≫のコミック本。
スターウォーズ
≪STAR WARS≫は、ちょっとルーク・スカイウォーカーが老け過ぎかな。
エイリアン
≪ALIEN≫はグロテスクな描写も多く、映画の雰囲気が良く出ています。

外国の雑誌は紙質が悪く、製本もいい加減だから、ものによってはもうボロボロの状態です。
でも日本の雑誌は30年以上経過したいまでも、変色こそしててもしっかりしたもんです。
さすが、ニッポン!
次回は、日本のSF・ホラー系雑誌も紹介しますね。


今日は少しあおもりを離れて・・・
久々の遠出は宮城県の鳴子温泉。
ちょっと仙台に寄り道・・・でも雨が降っていたので駅前周辺をブラブラして、美味しい牛タンを堪能して、すぐに鳴子温泉に移動しました。
仙台市内から1時間30分程度で鳴子温泉に到着。
街中に漂う硫黄の匂いに、温泉好きの血が騒ぎます。
鳴子温泉
さすが“こけし”の街です。街のあちらこちらに“こけし”が。
鳴子温泉
ホテルのすぐ近くに“”こけしの制作工程が見学できるお店がありました。
鳴子温泉
お店で“けんか独楽”と可愛いカスタネットを購入。

宿泊は≪鳴子ホテル≫。
鳴子温泉
ホテル前にはぐつぐつと煮え立つ間欠泉が。

美味しいバイキング料理と温泉を楽しみ、久しぶりに贅沢な時間を堪能させていただきました。(感謝!)

帰りは滝沢で高速を降りて、岩手県久慈市へ。
途中、霧に視界を阻まれてヒヤヒヤ。全く前が見えません。
久慈
スティーブン・キングの小説≪霧(ミスト)≫の世界に紛れ込んだような光景です。

そうこうするうちに、ようやく久慈に到着。
久慈
言わずと知れた、久慈はNHKの連続ドラマ≪あまちゃん≫で有名になった街。

久慈の≪道の駅≫に寄ったら・・・
レトロ館
≪レトロ館≫!私の大好物の匂いが・・・
早速、入場。
レトロ館
アンティーク・カーから・・・
レトロ館
初代≪ゴジラ≫で芹沢博士が使用したような潜水服から・・・
レトロ館
民芸品・・・そしてアンティーク・トイの数々。
レトロ館

レトロ館

レトロ館

レトロ館

レトロ館

レトロ館

レトロ館

レトロ館
久慈市にお住まいの中野正利さんが50年以上にわたって集め続けた≪昭和≫のアイテムが所狭しと展示。
とても見応えありました。

そして、久慈と言えば、≪東日本大震災≫の被災地であることを忘れてはなりません。
レトロ館
≪東日本大震災≫の記録写真。
とても悲しくて辛い記憶だけど、風化させてはいけませんね。
被災地の復興にはまだまだ時間がかかります。
できるだけ私たちは被災地を訪れ、地元産業を支援し続けるべきでしょう。

東北の夏は短く、すぐに秋が来て、長く厳しい冬がやってきます。
そんなことを思いながら、帰りの車中で聴いたフジファブリックの≪若者のすべて≫が心に染みました。

“最後の花火に今年もなったな・・・”

明日から、また仕事頑張ろうっと・・・














≪ROCK IN JAPAN FES.2014≫終わっちゃいましたね。
一度は参戦してみたいと思いながら、未だ夢叶わず・・・ってもう私の年齢じゃあ炎天下での参戦は無理かな(笑)。
今年は8月2日を皮切りに飛び石で4日間開催されたんですね。
参戦された方がうらやましくてたまりません。
・・・なんてこと言いながらも、実はそんなに多くのアーティスト知りませんし。
今年の出演アーティストだと、アジアン・カンフー・ジェネレーション、フジファブリック、きゃりーぱみゅぱみゅ、POLYSICS、くるり、ユニコーン、チャット・モンチー、ねごと、サカナクションは是が非でも参戦したかったかな。

中でもPOLYSICSは、出不精にも関わらず、2010年3月14日の武道館LIVEにも足を運んじゃったくらい好きです。
そこはやっぱりYMOやらプラスチックスやらにどっぷりハマった80年代テクノポップ世代ですから。

POLYSICSの武道館LIVEといえば、キーボード担当のカヨちゃん最後の晴れ舞台。特別な思いで参戦したのを憶えています。
POLYSICS
カヨちゃん在籍時のPOLYSICS

たまたまウチの長男の大学進学のため、入学手続きやら引っ越し作業やらがあったので、便乗して上京した日がPOLYSICSの武道館LIVEの日だったというのもありましたけど(笑)。
POLYSICS
POLYSICS武道館LIVE開演前。
POLYSICS
「本日はPOLYSICS武道館LIVEにお出でいただきありがトイス・・・」というウグイス嬢の場内アナウンスに爆笑しました。
※ホントは場内での写真撮影は禁じられてましたけど・・・若気の至りということでご容赦を(・・・って4年前ですから立派なオトナですけど)

約3時間に及んだ演奏時間はもちろん、セットリスト、演出等々、大満足のLIVEでした。
因みにPOLYSICS武道館LIVEはDVDで発売されたので、早速私も購入して2階スタンド席にいるであろう私の姿に目を凝らしましたが・・・見えん!

チャットモンチーのLIVEも私としては比較的参戦回数が多いです。
曲ももちろん大好きですが、彼女らの存在そのものを愛してます(笑)。
チャットモンチー
スリーピース体制のころのチャットモンチー。

真摯に音楽に打ち込む姿勢というんでしょうか、何か彼女らのLIVEに参戦した後は、“オレも頑張らにゃあイカんな”と思えちゃうんですよね。
チャットモンチー
2009年5月14日、青森市民ホールでのLIVE終了後に撮影した記念写真。私は2階席ですが・・・やっぱり見えん!

チャットモンチーは、2人体制になったと思いきや、今度は4人体制での活動をスタートするとのこと。
変化し続ける彼女らから今後も目が離せません。

いやあ、またLIVE参戦したいですね。

そうそう!そういえば≪SUMMER SONIC 2014≫にはクィーンとクラフトワークが出演するんですって!
特にクラフトワークは一度観てみたいっ!
クラフトワーク
いつ観てもクール!クラフトワーク






ドライヴの途中、東津軽郡の平内町で骨董品屋さんを発見しました。
にゃんこ堂
お店の名前は≪にゃんこ堂≫。
何やら只ならぬ気配を察知して入店しました。

“モノ”に埋もれる・・・・・
まさにそんな表現がふさわしい店内に唖然。
売り場の1階は雑貨、家具・家電等々がアトランダムに所狭しと陳列され、2階は選りすぐりの骨董品をテーマ毎に展示する資料館になっています。

にゃんこ堂
初代≪ゴジラ≫や≪ウルトラマン≫などのマニア垂涎の邦画ポスターが壁を埋め尽くす2階。

にゃんこ堂
昭和を代表するアイテム≪オロナイン軟膏≫のホーロー看板が飾られた昔懐かしい駄菓子屋のコーナー。

にゃんこ堂
アナログレコードが展示された昭和の若者の部屋(?)コーナー。

にゃんこ堂
戦時中の軍の装備品や資料なども数多く展示。

にゃんこ堂
おっとこれは、以前このブログでも紹介した≪ドキュメント八甲田山≫で使用した明治時代の軍服じゃないですか。
ここで貸し出したものだったんですね。撮影用の雪(小道具)が付着してます。

にゃんこ堂
昭和のテレビってなんでこんなにデザインがカッコ良いのでしょう。
現代の商品より全然近未来的で素敵です。インテリアに1台欲しいです。

優しそうなご夫婦が営むこの骨董屋さんは1階部分が喫茶店にもなっているようで、店名にもなっている猫ちゃんが寝そべっていました。

≪にゃんこ堂≫での私の戦利品は映画のビデオテープ。
にゃんこ堂
≪帰ってきたET≫はタイトルに惹かれました。
≪裸の復讐≫と≪ナチス強制収容所 白い生贄≫はちょっと胡散臭く、ゲテモノ映画好きの私のアンテナに“ビビビ”ときちゃいました。この2本は結構貴重だと思います。
≪パトリック≫は近年、リメイク(続編?)も製作されたホラー映画の名作です。残念ながらジャケットは紛失してて、お店のご主人が自作したもののようです。

これらのビデオテープは、値札よりかなりお安くしてくれました。感謝!!

≪にゃんこ堂≫は、昭和の“モノ”好きが高じて出店しちゃったという雰囲気が満ち満ちたとても愛すべき骨董品屋さんですよ。













青森県立美術館で開催中の≪美少女の美術史≫展。
美少女の美術展
≪美少女の美術史≫展:7月12 日(土)~9月7日(日) まで開催

江戸時代の浮世絵から近年のアニメ、フィギュアまで、時代を象徴する美少女に関連した作品を紹介するというユニークな企画展です。
美少女の美術展
美少女の美術展
入場するとこの美少女がお出迎え。

時代ごとに作品を紹介するのではなく、各テーマに沿って様々な時代の作品が混在する展示方法は、観客を飽きさせない工夫でしょうね。手塚治虫、赤塚不二夫などの漫画作品に登場する美少女、初音ミクやアニメ作品に登場する美少女などなど、いつの時代も純粋で生命感に溢れた美少女は“癒し”を与えてくれる存在のようです。
青森県立美術館
奈良美智さんの≪あおもり犬≫は青森県立美術館のマスコット。


≪おもちゃ大博覧会≫は八戸市に近い、イオンモール下田で開催中です。
おもちゃ大博覧会
≪おもちゃ大博覧会≫:7月31日 (木) ~8月24日 (日)まで開催

愛媛県在住のおもちゃコレクター若藤昌男さんのコレクション4万点の内、2千点が展示されていました。
1960年代から現在までの漫画、アニメ、特撮映画などのキャラクターが所狭しと展示されており圧巻です。
おもちゃ大博覧会
おもちゃ大博覧会
おもちゃ大博覧会
おもちゃ大博覧会
おもちゃ大博覧会
おもちゃ大博覧会
私はどちらかというと、美少女より怪獣派かな(笑)?
「懐かしいな~」、「わ~これ欲しかったけど買ってもらえなかったな~」と、幼いころの記憶に存分に浸ることができました。
会場では、若藤さん所有の8mmフィルムによる「ゴジラ(1954年版)」や「鉄腕アトム」などの映画上映会も行われていて、
懐かしさもひとしおでした。

あおもりは祭りシーズン真っ只中ですが、人混みで汗をかくより、涼しい室内で展示物に見入る方がインドア派の私の性に合っているようです(笑)



Template by :FRAZ